市街地でまさかの登山!アクロス山に登ろう!『アクロス福岡』

市街地でまさかの登山!アクロス山に登ろう!『アクロス福岡』
アクロス福岡 公園側外観

天神の街に突如現れる山。アクロス山。

福岡県民にはおなじみの、天神中央公園。

実はそこに面する建物の屋上庭園、通称『アクロス山』には、登ることができるのをご存知でしょうか!?

登り口

登り口はこちら。公園側の建物出入り口から10メートルほどのところ、左右2箇所にあります。

屋上庭園の遊歩道、アクロス山は地上からテッペンまで609メートル、階段の総段数809段の『山』です。

アクロス山登山道

流石に山と言われるだけあって、屋上庭園を登る道は鬱蒼とした森に覆われています。

竣工当初に植樹された樹木は76種、37,000本あったといいます。

それから20年あまり、鳥や昆虫たちが種を運び、現在の樹木は120種、40,000本にのぼります。

アクロス山登山道2

平日は意外に人がおらず、穴場になっている登山道ではイカル・シジュウカラ・ムクドリ・ホオジロなど様々な鳥が巣を作って、のどかなさえずりを聞かせてくれます。

もちろん途中にはベンチや展望台があり、ちょっと一休みしたり、福岡の街を見下ろしたり、登山ファンにも都市ファンにも、大変楽しい場所です。

『山』の正体は外国人建築家設計の巨大複合施設

アクロス福岡明治通り側外観

 

この建築、北側の通りから見ると表情が一転。年に馴染むガラス張りのオフィスビルのような外観をしています。

ちょっとだけ屋上が見えるホワイエ

実はこの建築、音楽ホールや国際会議場・オフィスを含む、巨大な複合施設だったんです。

設計したのは南米アルゼンチンの建築家エミリオ・アンバース。自然と共生する建築を得意とする建築家です。

サン・アントニオ植物園HP(http://www.sabot.org)より引用

中心都市のど真ん中でお気軽登山

西鉄天神駅・地下鉄天神駅どちらからも10分弱!ちょっとした登山体験ができる建築。

外国人巨匠がデザインしたアクロス山、朝活や休日のレジャーに是非行ってみては?

 

紹介した建築

■名称:アクロス福岡

■住所:福岡県福岡市中央区天神1丁目1−1

■アクセス:西鉄福岡天神駅から徒歩10分・または地下鉄空港線天神駅16番出口から徒歩5分

■営業時間:季節により異なる(詳細は施設HPより)

■施設HP:https://www.acros.or.jp

■建築HP:https://emilioambaszandassociates.com/index.php